AppSealingサービス利用約款

GMOクラウド株式会社

 

第1章 総則

第1条(本利用約款の目的)

このAppSealing本サービス利用約款(以下、「本利用約款」という。)は、GMOクラウド株式会社(以下、「当社」という。)が提供するAppSealingサービス(以下、「本サービス」という。)の利用条件について定めることを目的とします。

第2章 会員登録

第2条(会員登録の方法)

  1. 本サービスの申込者(以下、「お客さま」という。)は、当社のサービスサイト上の会員登録フォームにすべての項目を漏れなく入力したうえ、事前に会員登録を行うものとします。
  2. 会員登録に際しては、本利用約款のすべての内容を確認してください。当社は、会員登録があった場合には、本利用約款に同意したものとみなします。

第3章 本サービスの申込

第3条(申込の方法)

お客さまは、当社のサービスサイト上の申込フォームに必要事項を全て記入したうえ、当社に対して申込を行うものとします。

第4条(利用契約の成立)

  1. 本サービスの利用契約(以下、「利用契約」という。)は、当社がお客さまの申込に対して承諾の意思表示を行った時に成立するものとします。
  2. 当社は、お客さまについて次の各号に掲げるいずれかの事由がある場合は、本サービスの申込に対して承諾を行わないことがあります。
    1. 本利用約款に違背して本サービスを利用することが明らかに予想される場合。
    2. 当社に対して負担する債務の履行について現に遅滞が生じている場合又は過去において遅滞の生じたことがある場合。
    3. 本サービスの申込に際して当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
    4. 申込の際に未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人であって、自らの行為によって確定的に本サービスの申込を行う行為能力を欠き、法定代理人その他の同意権者の同意又は追認がない場合。
    5. 第24条に定める反社会的勢力に該当する場合。
    6. 前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで支障がある場合又は支障の生じる恐れがある場合。

第4章 本サービスの内容

第5条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、違法なコンピュータプログラム等からモバイルアプリケーション(以下、「アプリ」という。)を保護するサービスです。その詳細な内容は、当社のウェブサイトに掲載するものとします。
  2. 当社は、本サービスに関するお客さまからの問い合わせについて、当社が別に定めるところに従い、これに回答するサービス(以下、「サポート」という。)を提供する場合があります。サポートの時間、方法、範囲その他の条件については、当社のウェブサイトに掲載するものとします。
  3. 当社及びINKA ENTWORKS,Inc.(以下、「ライセンサー」という。)は、機能の追加、拡張、変更又は削除等、本サービスの内容をいつでも変更することができるものとします。

第6条(知的財産権)

  1. 本サービスに関する著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。)、商標権、特許権、実用新案権、意匠権その他の知的財産権(以下、「知的財産権」という。)は、当社又はライセンサーに帰属します。
  2. お客さまは、当社の書面による事前の承諾がない限り、本利用約款に従い本サービスを利用する権限のみを有するものとします。

第7条(SLA)

  1. 当社は、次の各号に掲げる事由(以下、「使用不可能状態」という。)により、月間稼働率が99.0%を下回った場合において、お客さまから請求があった場合には、当月における利用料金の10%に相当する金額(1米国ドルを超える場合に限る。)をサービスクレジットとして払い戻します。ただし、第21条又は第22条に定めるところによって本サービスが解除された場合を除きます。
    1. 本サービスにアクセス又はログインできない場合。
    2.  

      アプリを本サービス上にアップロードできない場合。

    3. 本サービスが適用されたアプリをダウンロードできない場合。
    4. サーバーエラーにより本サービスの機能が提供されない場合。
  2. 前項に定める月間稼働率は、次に定める計算式によって求められるものとします。
    • 月間稼働率(%)=100-(当月における使用不可能状態の時間(分)÷当月の総時間(分))×100
  3. サービスクレジットを請求するお客さまは、使用不可能状態が発生した月にかかる利用料金の支払期日までに、次の各号に掲げる全ての事項を含んだ内容の電子メールを当社において受領されなければならないものとします。
    1. 件名欄における「SLAサービスクレジットの請求」という文言
    2. 使用不可能状態が発生した日付及び具体的な時間
    3. 使用不可能状態における詳細な説明及びスクリーンショットのコピー
  4. 当社は、前条各号に定める事項の内容が不十分であると判断するときは、サービスクレジットを発行しません。
  5. 発行したサービスクレジットは、将来の利用料金から相殺する方法により適用され、いかなる場合でも現金による払い戻しは行われないものとします。
  6. 使用不可能状態が次の各号に掲げるいずれかの事由によって生じたものであった場合には、本条は適用されないものとします。
    1. 本サービスの保守を行う場合。
    2. 天災、疫病の蔓延、悪意の第三者による妨害行為による場合。
    3. 当社(ライセンサーを含む。)の管理外にあるネットワーク、設備等に障害による場合。
    4. 当社が本サービスを提供するために利用する第三者のソフトウェア、機器等の瑕疵による場合。
    5. サーバーにインストールされているOSの不具合による場合。
    6. お客さまが本件利用約款の定める義務に違背する行為を行った場合。
  7. 本条に定めるSLAは、本サービスに関連してお客さまに生じた損害に対する当社の責任の一切を定めたものであり、当社は、本サービスの停止、データ等の滅失、損傷、漏洩、その他本サービスに関連して生じた損害について、本条に定める以外の一切の責任を負いません。

第5章 お客さまの義務

第8条(料金の支払)

  1. 当社は、本サービスの料金(以下、「利用料金」という。)、支払期限、支払方法を当社のウェブサイトに掲載するものとします。当社は、社会状況、経済情勢の変化、本サービス提供上の技術的な要請その他の事情にもとづき、利用料金を改定することがあります。
  2. お客さまは、前項のウェブサイトの定めに従って利用料金を当社に支払うものとします。
  3. 利用料金の支払に際して生じる公租公課、銀行振込手数料その他の費用については、お客さまがこれを負担するものとします。
  4. 当社は、お客さまから受領した利用料金について、いかなる事由がある場合でもこれを返金する義務を負わないものとします。
  5. 当社は、いかなる事由がある場合でも日割り計算による利用料金の減額は行わないものとします。
  6. お客さまが期限までに利用料金を支払わない場合には、お客さまはその期限の翌日から元本に対して年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

第9条(ID等の管理)

  1. お客さまは、当社がお客さまに発行したユーザーID及びパスワード(以下、「ID等」という。)を善良な管理者の注意をもって適切に管理し、これらが他に漏れないように注意を尽くさなければなりません。
  2. 当社は、本サービスを提供するために運用する各種のシステムにアクセスしようとする者に対してID等の入力を求めることによってその者のアクセスの権限の有無を確かめる場合には、正しいID等を構成する文字列と入力されたID等を構成する文字列が一致するときは、その者にアクセスの権限があるものとして取り扱います。
  3. お客さまは、ID等の適切な管理を欠いたために当社に損害が生じたときは、これを賠償する責任を負います。

第10条(アプリのバックアップ)

お客さまは、アプリ(当該アプリのソースコードを含む。)について、お客さまの責任で随時その複製を行うものとします。

第11条(関連データの収集)

  1. お客さまは、本サービスを利用することにより、アプリのパッケージ名、ルーティングステータス、アプリの直接的若しくは間接的な利用者(以下、「エンドユーザー」という。)が利用しているデバイスのオペレーティングシステムのバージョン及びモデル名、並びに国コードに関連するデータ(以下、「関連データ」)を、当社及びライセンサーが収集、保存及び使用することについて承認し、同意するものとします。
  2. お客さまは、当社及びライセンサーが関連データを有効に収集、保存及び使用することができるように、エンドユーザーから同意を取得する等必要な措置を講じるものとします。

第12条(禁止行為)

お客さまは、本サービスを利用して、次の各号に掲げる行為を行い、又は第三者にこれを行わせてはいけません。

  1. 法令又は公序良俗に反する行為。
  2. 犯罪行為又は犯罪行為に結びつく恐れのある行為。
  3. 当社又はライセンサーの機密情報を第三者に開示する行為又は開示する恐れのある行為。
  4. 当社、ライセンサー又は第三者の知的財産権を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為。
  5. 第三者のプライバシーその他の権利を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為。
  6. スパムメールの発信の禁止等、インターネットの参加者の間において確立している習慣に反する行為。
  7. 当社又はライセンサーの設備に過大な負荷を与える行為。
  8. 前各号に掲げるほか当社が不適切と判断する行為。

第13条(お客さまと第三者との間における紛争)

お客さまは、本サービスの利用に際して第三者との間において生じた名誉毀損、プライバシー権、知的財産権に関する侵害その他一切の紛争について、お客さま自身の責任で誠実にこれを解決しなければなりません。

第14条(契約上の地位の処分の禁止等)

お客さまは、当社の承諾がない限り、本利用約款にもとづくお客さまの地位、権利又は義務について、これを第三者に譲渡し、又は担保に供することができません。

第6章 本サービスの停止等

第15条(本サービスの提供の停止等)

  1. 当社は、お客さまが本利用約款の規定に違反する行為を行っているとき、又は本サービスの提供のために緊急の必要があるときは、即時無催告での本サービスの提供の停止、アプリの削除その他必要な措置を講じることができるものとします。
  2. お客さまは、前項により当社が必要な措置を講じた場合であっても、その間の分の利用料金を支払わなければなりません。

第16条(本サービスの廃止)

当社又はライセンサーは、業務上の都合により、お客さまに対して現に提供している本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。

第7章 免責

第17条(不可抗力)

当社は、天災、疫病の蔓延、悪意の第三者による妨害行為又は本サービスの提供に際して当社(ライセンサーを含む。)が利用する電気通信事業者の設備の故障等、当社(ライセンサーを含む。)に責任のない事由により、お客さまが本サービスを利用することができなくなった場合であっても、これによりお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第18条(免責等)

  1. 第7条に定める場合を除き、当社は、本サービスの停止若しくは廃止、アプリ若しくはデータ等の滅失、損傷、漏洩、その他本サービス自体により若しくは本サービスに関連してお客さま又は第三者に損害が生じた場合において、当社の過失の有無やその程度に関わらず、データ等の復旧、損害の賠償その他一切の責任を負いません。
  2. 当社は、次の各号に掲げる事項のほか、本サービスに関する事項についていかなる保証も行わず、いかなる担保責任も負いません。
    1. 本サービスが一定の品質を備えること。
    2. 本サービスの内容が特定の利用目的にかなうこと。
    3. 本サービスを利用することが第三者の権利を侵害するものではないこと。

第19条(消費者契約に関する免責の特則)

  1. 本利用約款の条項のうち、次の各号に掲げるものは、個人のお客さま(事業として又は事業のために本サービスを利用するお客さまを除く。)については、当社の責任の全部を否定するのではなく、利用料金の1カ月分に相当する金額を限度として当社がその損害をお客さまに賠償するものと読み替えるものとします。
    1. 当社の債務不履行によりお客さまに生じた損害を賠償する責任の全部を免除する条項。
    2. 本利用約款における当社の債務の履行に際してなされた当社の不法行為によりお客さまに生じた損害を賠償する民法の規定による責任の全部を免除する条項。
    3. 本サービスの目的物に隠れた瑕疵があるとき(本サービスが請負契約の性質を有する場合には、本サービスによる仕事の目的物に瑕疵があるとき。)に、その瑕疵によりお客さまに生じた損害を賠償する当社の責任の全部を免除する条項。
  2. 本利用約款の条項のうち、次の各号に掲げるものは、個人のお客さま(事業として又は事業のために本サービスを利用するお客さまを除く。)については、適用しないものとします。
    1. 当社の債務不履行(故意又は重大な過失に限る。)によりお客さまに生じた損害を賠償する責任の一部を免除する条項。
    2. 本利用約款における当社の債務の履行に際してなされた不法行為(当社の故意又は重大な過失に限る)によりお客さまに生じた損害を賠償する民法の規定による責任の一部を免除する条項。

第8章 本サービスの解除等

第20条(利用期間)

本サービスは、利用契約の成立日からお客さま又は当社が解除を行うまで有効に存続するものとします。

第21条(お客さまの行う解除)

  1. お客さまは、いつでも将来に向かって本サービスの解除を行うことができます。
  2. 前項の解除権を行使する場合には、当社の定める方式に従って当社に対して解除の通知を行わなければなりません。当社の定める方式に従わない場合には、解除の効果は生じません。

第22条(当社の行う解除)

  1. 当社は、お客さまについて次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、直ちに無催告で本サービスの解除を行うことができます。
    1. 本利用約款の定める義務に違背した場合。
    2. 破産手続その他の倒産手続の申立が行われた場合。
    3. 虚偽の事実を申告した場合。
    4. 前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで重大な支障がある場合又は重大な支障の生じる恐れがある場合。
  2. お客さまは、お客さまが前条に定める解除を行ったとき、又は当社が本条に定める解除を行ったときであっても、利用期間内の利用料金の支払義務を免れないものとします。

第23条(解除後の措置)

前2条に定めるところに従って本サービスが解除された場合、お客さまは、アプリの再構築を行い、本サービスの利用を直ちに停止するものとします。

第9章 雑則

第24条(反社会的勢力の排除)

  1. 当社及びお客さまは、現在及び将来にわたって、自己又は自己の役職員が暴力団、暴力団の構成員、暴力団関係企業、その他の反社会的勢力(本利用約款において、「反社会的勢力」という。)でないことを表明し、保証するものとします。
  2. 当社及びお客さまは、暴力的又は脅迫的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、その他これらに準ずる行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを表明し、保証するものとします。
  3. 当社及びお客さまは、相手方が前2項に定める表明保証に反した場合は、将来に向かって直ちに利用契約を解除できるものとします。

第25条(準拠法及び裁判管轄)

  1. 本サービスに関して紛争が生じたときは、各当事者は、相互の協力の精神にもとづき誠実に解決のための努力をするものとします。
  2. 本利用約款の準拠法は、日本国の法令とします。
  3. 本利用約款に関する訴えについては、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第26条(本利用約款の改定)

当社は、実施する日を定めて本利用約款の内容を改定することがあります。その場合には、本利用約款の内容は、その実施の日から、改定された内容に従って変更されるものとします。

 

附則(2016年●月●日実施)

本利用約款は、2016年●月●日から実施します。

ver 1.0

プライバシー・ポリシー

GMOクラウドは、お預かりしたお客さまの個人情報(氏名、 住所、電話番号等)を当社規定に従い適正に管理します。 当社規定に関しては、 以下のページで詳しくご案内しておりますので、 お客さまは当該ページをご確認ください。

http://ir.gmocloud.com/ privacy/