多様なニーズに対応するための、様々な方法

様々なニーズを満たすため、AppSealingを簡単に活用

AppSealing Developer Console

コーディングは一切必要ありません。APKをアップロードするだけで、10分以内に自動的にセキュリティが適用されます。IPAの場合はiOS SDKを開発中のプロジェクトにインポートし、ビルドしてください

Android

コーディングなしで簡単にアプリにセキュリティを適用できます。
 

原本のAPKファイルをアップロード   シーリングによるセキュリティ機能の適用   セキュリティが適用されたAPKをダウンロードし、署名および配布

iOS

連携可能なSDKを利用し、数分以内にアプリにセキュリティを適用できます。

SDKをダウンロード   SDKをプロジェクトにインポート   ビルド   アプリに署名し、配布

JenkinsとTeamCity対応の
AppSealing CLI ツール

JenkinsとTeamCity対応の
AppSealing CLI ツール

JenkinsとTeamCity対応のCLI(Command Line Interface)ツールを使用して、
AppSealingを開発環境へ簡単にインテグレーション。
もうワークフローから目を離さなくても大丈夫です。

AppSealing API

AppSealing API

AppSealing APIでご利用中のコンソール画面にAppSealingを構築しませんか?
セキュリティ提供機能とともに、収集されたハッキング情報に対するモニタリングサービスも直接構築することが可能です。

適用事例

自社AWS利用顧客を対象にセキュリティサービス「ハイパーシーリング」を提供

よくある質問

Appファイルのサイズ

原本のサイズによります。APKの場合は2~4MB程度、IPAの場合は1MB程度増加します。

メモリへの負荷について教えてください。

必須な情報のみを保持するため、メモリへの負荷は最小限に抑えられています。

CPU & バッテリー

AppSealingはCPU&バッテリー使用率にほとんど影響しません。

アプリはAppSealingサーバーの稼働状況に影響されるのでしょうか?

エージェントはAppSealingサーバーの稼動状況に影響されません。セッションが開始されAppSealingに承認されると、アプリが終了するまでAppSealingによってアプリは保護されます。